家づくりを考えている方へ

HOME » 家づくりを考えている方へ

Introduction

はじめに(住まいに求められる)

私たちは育った環境、生活してきた家により、また仕事や趣味、好きなものや嫌いなものがある様にそれぞれ価値観や考え方が違います。価値観が違うと住まい手が家に求めるものも当然違います。
家づくりにはたくさんの夢や希望や思いがあるとおもいます。それらが全て詰まった家が出来ると一番いいのかもしれませんが、実際は予算という枠があり、全てが叶うことは難しいことのほうが多いです。家づくりは例えるなら、予算という箱の中に、家族それぞれの価値観からなる希望や夢や思いという、さまざまな色と大きさのボールを入れるようなものです。
そこで必要なのが思いを整理するという作業と優先順位を決めるという作業です。思いを整理すれば、別々だと思っていたボールがひとつになるかもしれません。優先順位を決めたら、それほど必要でないボールに気付くかも知れません。この作業は大変かもしれませんが、家をつくる為には必要です。これをしないと、せっかく完成した家に想いと違うところが出てしまうかもしれません。また、例え相手が家づくりのプロであっても全てを完全に任せるという場合はそういったリスクがあります。プロも自分の価値観を持った一人の人間なのですから。
満足できる家づくりのスタートに大切なことは次の3点が基本になると思います。

3つの大切なこと

1.思いを整理し、優先順位を付け、実現したい部分とプロに任せる部分を明確にする

夢や希望を挙げることは出来ても、整理するというのは実は大変な作業です。一人ならまだしも、家族の人数だけ思いも膨らみます。また、時の経過とともに家族環境が変わると、家に求められる思いも変わるものです。有建築設計舎では、思いを整理するお手伝いも致します。

2.思いを理解し、近い価値観を持ち、分らないことには丁寧に説明してくれるプロを探す

家づくりは住まい手と造り手との協同作業です。造り手が手がける家のデザインだけを見るのでなく、その裏にある性能や意図や思いを共有でき、近い価値観を持った信頼できるパートナーを見つけることが大切です。また、一般の住まい手にとっては家づくりで分らない事も多いので、プロの視点から重要なことを住まい手に丁寧に説明してくれることも大切です。

3.家づくりに出来るだけ参加する

家づくりの過程では物事を選択したり、決めるという作業が結構あります。大変だなぁと思うこともあると思います。しかし、家づくりは一生で一度あるかどうかの大イベントです。せっかくの機会なので楽しく参加しないと勿体ないですよ。
有建築設計舎は、家づくりに住まい手も楽しく関わって頂きたいと思っています。そのことがその家で永く楽しく暮らして頂くことに繋がると考え、そのお手伝いもさせて頂きます。

  • はじめに
  • 3つの大切なこと
ページの先頭へ