家づくりの思想

HOME » 家づくりの思想

Concept

最適な家を

私たちの価値観は十人十色で家への思いも十人十色。家を建てる敷地の条件も、形状・隣地の環境・光環境・通風・地盤・見晴らしなど、ひとつとして同じ敷地はありません。だから、本来、家が持つべき機能や形や家に求められるものも一つとして同じものはないのです。
有建築設計舎では住まい手とお話をさせて頂き思いを共有すること、敷地の情報を現地周辺環境の調査や役所や様々な資料から把握することで、住まい手とその土地に最適な家を設計します。
住まい手が求められる家と有建築設計舎が設計する家が合わないこともあります。その場合には、家づくりの簡単なアドバイスを致します。住まい手にとって一番不幸なのは、価値観の合わない作り手と家づくりを行い、そこで住んでいく事だと思います。

地域の木材と自然素材で

家はとても沢山の材料・部材が組み合わさって出来ています。 それらの材料・部材の機能や性能とその組み合わせ方が家全体の性能となります。使う材料を決める時は、必要な性能やコスト、形状・寸法などの条件はありますが選択肢はひとつではありません。

有建築設計舎では構造に地域の木材を使い、その他にも適材適所を基本に出来るだけ自然素材を使った家づくりの設計を行います。 自然素材は製造時や廃棄時の環境負荷が小さく、特に地域の木材利用は木材輸送時の環境負荷を抑え、さらには森林の持つ水源涵養などの公益的機能保全や地域産業などのへ貢献に繋がります。
何より自然素材の長所短所を理解し組み合わせることで安心できる住環境をつくることが地域に根差した本来の家づくりだと考えているからです。

また、無垢の木や石や漆喰、珪藻土などの自然素材は、 ちょっと手を掛け愛着を持って付き合っていくことで 時の経過とともに味わい深い変化を見せ、それが住まい手と家の歴史になります。
もちろん、お手入れなどのご相談にもお応えします。

シンプルに

家族の構成や生活スタイルは一生の内で様々に変化していきます。
家を建てる時に作り込み過ぎて、数十年の長い目で見た時に結局少ししか使わない飾りや物置になってしまうスペースを作り込み過ぎるのは勿体ないと思います。家族や生活の変化に合わせて上手に住み続けて頂く為には、余分なものを極力無くし、住まい手に合った必要なもの必要な空間をシンプルに計画することが大切だと考えています。また、構造や耐久性も仕組みや造りがシンプルであるほど家のために良くなります。
何事も難しく複雑にすることは簡単で、シンプルにするのはとても大変ですが、それが家づくりにも大切だと思います。必要なものを必要な時に必要なだけ。

ページの先頭へ

省エネルギーに

地球温暖化が進み各分野で省エネルギーや温室効果ガス排出量の削減に取り組まれている中で、住宅でのエネルギー消費量は増えているのが現状です。また、残念ながらイメージだけのエコが先行していたり、設計において省エネ性能を明確に計画したり、建てられた家の省エネ実態の検証が行われるところまで、まだ住宅分野全体では至っていません。その様な状況で住まい手が本当の省エネ性を判断し選択するのは難しいと思います。
有建築設計舎は、一般では理解・判断しづらい住宅の省エネ性能を数値で定量的に把握し計画して、実際の住宅として実現させていくことがプロとしての設計だと考えています。
住宅の断熱性能の計算、敷地に応じた通風や自然採光や日射調整の計画など
により省エネ性能を計算して設計します。また、「省エネ×快適な暮らし」をして
頂く為にそれぞれの家にあった住まい方のお手伝いも致します。

長寿命に

現在の日本の住宅の平均寿命は約30年と、欧米の耐久年数100年と比べても非常に短くなっています。家を建てるには大きなコストがかかり、住まい手の生活が刻まれた家が短い寿命で壊されることは、家づくりに携わる者としてとても残念なことです。
家の寿命はハード面とソフト面の2つの要因で決まります。ハード面はメンテナンス不備による老朽化や地震の被害などで安全に使用できなくなる場合、ソフト面は住まい手の環境や引越しなどで次に住む人が見つからない場合などです。
有建築設計舎はメンテナンスフリーの家は無いと考えます。長寿命な家を考えるとき、特に普段見えない部分(壁の中や床下など)で発生の可能性がある問題(内部結露やシロアリ)の予防と点検や対処などメンテナンスが出来る設計を心掛けています。それは、建物よりも先に寿命をむかえる設備機器などの交換を考えても大切なことです。
永く残る建物としての設計を行い、家が建ってからはその家に愛着を持って永く住んでいただく為のお手伝いを惜しみません。

  • 最適な家を
  • 地域の木材と自然素材で
  • シンプルに
  • 省エネルギーに
  • 長寿命に
ページの先頭へ